紫外線対策に効果的な栄養素とその働き

紫外線対策に効果的な栄養素とその働き

紫外線に体の内側から予防できる成分として挙げられるのが、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEです。これらの食品を含む食べ物をバランスよく摂取することで、体の内側から日焼け対策ができます。

ビタミンAは高い抗酸化作用があり、肌の老化を防ぐアンチエイジングが期待できます。日焼けにより起こる肌の酸化を予防し、肌のハリの元となるコラーゲンの生成をサポートします。
ビタミンCは、日焼けによりできてしまうシミやそばかすといった肌トラブルに効果的です。ビタミンCは、メラニン色素の生成を抑制し、コラーゲンやエラスチンの生成を促進します。
ビタミンEは、成分そのものが抗酸化作用を持っています。酸化対策に高い効果が期待でき、紫外線ダメージに対して体の内側から肌を守ります。