制汗剤は使い方を間違えると逆効果?

制汗剤は使い方を間違えると逆効果?

制汗剤は、使い方を間違えると肌を傷付けてしまったり、洋服の黄ばみの原因となってしまいます。

特に制汗剤を集中的に使うのが腋。腋から分泌される汗は、放置しておくと嫌な臭いの原因となってしまいます。
これを予防するために制汗剤を使用する方は多いですが、配合されている成分が肌に刺激となってしまい、炎症やかゆみを引き起こす場合があります。
また、腋にはアポクリン腺という汗腺が集中しています。このアポクリン腺から分泌される汗の中には、リポフスチンという黄ばみの元になる色素が含まれています。制汗剤と混ざり合うことで洋服に付着して黄ばみになる場合があります。

制汗剤は使用するとさっぱりとして気持ちいいですが、上記のように肌を傷付けたり黄ばみの原因となる場合もあります。
これを防ぐために、ワキ汗パットやインナーを活用しましょう。汗を吸収して蒸発させる働きで、肌を傷付けず嫌な臭いや黄ばみを防ぐことができます。
また、こまめに汗を拭くのも効果的です。