綺麗な爪をキープする!正しい爪の切り方

綺麗な爪をキープする!正しい爪の切り方

爪切りを使って爪を切る場合、正しい方法でお手入れをする必要があります。
今回は、綺麗な詰めをキープするための正しい爪の切り方をご紹介します。

まず、爪切りを使用する前に、爪を柔らかくしておきましょう。そのままの状態で爪を切ると、爪切りの強い衝撃で爪がダメージを受けてしまいます。
爪を柔らかくするには、ぬるま湯に指先を浸し温めます。入浴後もおすすめです。

爪が充分に柔らかくなったら、本番の爪切りです。
爪切りは一気に爪を切ることができますが、大きな範囲に爪切りを当てると、爪に大きな負担となります。
爪を切るときは一気に切らず、少しずつ切っていきましょう。端から切っていくと全体のバランスが取りやすいです。

切る形ですが、横に真っすぐになるように切っていきましょう。また、爪の先端と指の先端が同じ長さになるように切ります。この形は、何かにぶつかった拍子に爪が欠けたり割れるのを防ぐことができます
両角は丸めておきます。角が尖っていると、物に引っ掛かりやすくなってしまいます。やすりを使うと綺麗に丸めることができます。