オーラルケアのための正しい歯ブラシの選び方

オーラルケアのための正しい歯ブラシの選び方

綺麗な歯は、笑顔を見せた時に相手へ好印象を与えます。そのためには、普段のオーラルケアが大切となります。今回は、オーラルケアのための正しい歯ブラシの選び方をご紹介します。

歯ブラシを選ぶときは、毛先と硬さの2つをチェックします。

まず、毛先はナイロン製で無色のものを選びましょう。
ナイロン製の毛先は水に濡れてもすぐに乾燥し、細菌も付きにくいので管理しやすいのが特徴です。
毛先に色が付いているものは、着色成分が毛先の弾力を低下させてしまいブラッシングを阻害してしまいます。毛先に色が付いている商品は多いですが、パッケージを確認し、着色料が使われていないものを選びましょう。

歯ブラシの硬さは「かため」「ふつう」「やわらかめ」の3種類あります。
かための歯ブラシは磨き方によっては歯茎にダメージを負わせてしまいますが、歯垢を落とす力が最も大きいです。
やわらかめは、歯茎に痛みがあったり、よく出血するという方向けです。
歯茎に特に問題がない場合は、ふつうを選びましょう。