洋服の黄ばみは何が原因?

洋服の黄ばみは何が原因?

汗をかくと黄ばみが気になる、という悩みを抱えている方は少なくありません。

汗にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類があります。

エクリン腺は99%が水分で、残りの1%が塩分で構成されています。全身にある汗腺で、臭いや色はありません。
エクリン腺から分泌される汗は、黄ばみの原因にはなりません。放置しておくと雑菌が繁殖し臭いの原因になる場合がありますが、黄ばみに繋がるものではありません。

一方アポクリン腺は、たんぱく質や脂質などの成分が含まれており、これが臭いの原因となります。耳や腋などの体の一部に集中して存在する汗腺です。
アポクリン腺から分泌される汗の中には、リポフスチンという色素があります。この色素が、洋服の黄ばみの原因となる物質です。
アポクリン腺の数は個人差があり、多ければ多いほど洋服の黄ばみができやすい状態となります。
また、アポクリン腺が多くても黄ばみがそれほど多く出なかったり、臭いだけ強く出るという場合もあります。