サルコペニアってなに?ロコモと何が違う?調べてみました

サルコペニアってなに?ロコモと何が違う?調べてみました

筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板などの運動器の機能が低下し、
立ったり歩いたりすることが困難になることを
「ロコモティブシンドローム」と呼びます。

超高齢化社会を迎え、この概念はかなり浸透してきたように
感じませんか?

それと同様に考えなければならないのが
「サルコペニア」という症状なのですが…
私自身、ロコモについては知っていても
サルコペニアについてはよく分かっていませんでした!

そこで調べてみると、サルコペニアとは
「加齢・運動不足・病気などの原因により、筋肉量が減少すること」
を指すようです。

ロコモとは違い、「筋肉」だけに焦点を当てているんですね!

そのため、サルコペニアを予防するためには
筋肉を作るための「食事」がより重要になってきます。
たんぱく質や必須アミノ酸などが豊富に含まれた
赤味の魚、肉、豆類などを積極的に摂ることが予防につながるようですよ!

健康で長生きするために、サルコペニア予防もしっかりしていきたいですね。
「まだまだ大丈夫!」と思っていても、
実は40代から筋肉量は減少していくと言われていますので、
早めの対策を心がけましょう♪