コットンを使って化粧水を付ける正しいやり方

コットンを使って化粧水を肌に付ける際は、正しい方法で行うようにしましょう。間違えたやり方は肌に負担となってしまい逆効果になる恐れがあります。

まず、コットンに化粧水を染み込ませます。このとき、コットンがひたひたになるくらいまで、たっぷりと化粧水を使うようにしましょう。
化粧水の量が足りないとコットンが毛羽だってしまい、肌に刺激となってしまいます。

スキンケアの注意点

化粧水をたっぷり付けたら、中指と薬指に挟み、顔に付けていきます。
付ける順番は顔の中心から外側に向かってが基本です。おでこの中心から左右、小鼻からほほの外側といった風に、それぞれのパーツで内側から外側にむかって塗っていきます。
コットンを肌に当てるときは、優しく撫でるように付けていきましょう。強く押し付けたり擦ると、摩擦が生じ肌に負担を与えてしまいます。