歯間ブラシについて

歯間ブラシについて

オーラルケアのために欠かせない道具の一つに、歯間ブラシがあります。日常的に使用している方も多く居ますが、正しい知識がなければ歯に逆効果となってしまう恐れがあります。
今回は、歯間ブラシについてご紹介します。

歯間ブラシは元々歯周病の治療器具として作られたものです。
歯と歯の間に隙間があると、そこに歯垢が溜まってしまい、歯茎の炎症や出血などに繋がってしまいます。
歯垢の中には多くの細菌が潜んでおり、それが歯茎の健康を損ない、悪化すると歯を支えている歯槽骨まで悪影響が及び、最悪の場合歯が抜け落ちてしまうこともあるのです。

毎日の歯磨きで歯垢を落とすことはできますが、歯と歯の間という狭い隙間に挟まった汚れは、いくらしっかりと磨いても歯ブラシで落としきれないこともあります。
歯間ブラシは歯と歯の間に入り込める細いブラシで、歯ブラシが落としきれなかった汚れを取り除き、歯の健康を保つサポート的な役割を担っているのです。