汗腺を鍛えて嫌な臭いを予防しよう

汗腺を鍛えて嫌な臭いを予防しよう

夏場の嫌な臭いの原因となる汗。
汗は汗腺という部分から分泌され、体温調節を行う重要な働きを担っていますが、汗をあまりかかない生活習慣は、汗腺の機能が衰え、嫌な臭いの原因物質となる汗が出やすくなってしまいます。
つまり、汗腺を普段から鍛えておくことで、汗をかいても嫌な臭いになりにくく、さらっとした健康的な汗をかくことができます。
汗腺を鍛えるには普段から汗をかく習慣を身に付ける必要があります。今回は、お風呂でできる汗腺のトレーニング方法をご紹介します。

まず、湯船に43度程度に設定したお湯を入れます。お湯の量は膝から下、ひじから先の部分が浸かる程度の量に設定してください。
15分間ほど湯船に浸かり、手足を温めます。手足は汗腺の機能が高いので、この部分をお湯で温めて刺激すると効果的です。
手足をしっかり温めたら、ぬるま湯を足して肩までしっかりと浸かります。
湯船から出たらタオルで水気をふき取り、暫く衣服を着ないでおきます。お風呂から出ても暫く汗は出ているので、汗の蒸発が衣服に邪魔されないようにしましょう。