皮膚掻痒症の主な症状

皮膚掻痒症の主な症状

皮膚掻痒症には様々な症状があります。

主な症状として挙げられるのが強い痒みです。衣服の擦れなど少しの刺激で皮膚が敏感に反応してしまい、これが痒みを引き起こします。
一度痒みを感じるとなかなか止まらず、酷い場合は眠れなくなったり日常生活に支障をきたすこともあります。

痒みの感じ方や度合いは人それぞれで異なります。ちくちくするような痛みを伴う痒み、不快感が大きいむずむずする痒みなど、同じ皮膚掻痒症でも症状の出方が異なります。
また、痒みが持続することもあれば、すぐに治まることもあり、症状が出る時間も人それぞれとなります。

痒みの症状が進行すると、我慢できずに書いてしまった部分が炎症を起こしたり、引っかき傷になることがあります。
炎症や傷ができると痒みと一緒に痛みも出てきてしまうので、肌をかくのは我慢して軟膏などを塗り症状を緩和させましょう。
繰り返し炎症や傷が出来てしまうと、その部分の皮膚に凹凸が出来てしまったり、色素沈着を起こし跡が残ってしまいます。