30代からのオーラルケア方法

30代からのオーラルケア方法

30代に入ると唾液の量がどんどん減っていきます。唾液は、口内に残った食べかすや汚れを洗い流し清潔に保つ働きと、食後に酸性になってしまう口内を中和させて菌の繁殖を予防する働きがあります。
この働きにより虫歯や歯周病といった歯のトラブルが予防されますが、唾液の量が減っていく30代からは、今までのオーラルケアでは不十分となり、歯のトラブルが起こりやすくなってしまいます。
そこで今回は、30代からの歯のケア方法についてご紹介します。

一番効果的なのが、歯医者への定期健診です。定期的に歯の状態を確認してもらうことで普段のケアも意識することができますし、異常が出ても早い段階で見つけて正しい処置をすることが可能です。
自分では気が付かない部分も、歯の専門医に診てもらうことで健康を保つことができます。

普段からできるケアとしては、口の中を清潔に保つこと、唾液の量を意識して増やすことが挙げられます。
食後はすぐに歯磨きやうがいをして、歯の中の汚れや食べかすを落とすだけでも効果的です。また、食事の時は咀嚼回数を増やすと自然と唾液が分泌されるので、普段から意識してたくさん噛むようにしましょう。