化粧水を使ったパッティングは肌に悪影響?

化粧水を使ったパッティングは肌に悪影響?

化粧水を染み込ませようと、強い力で肌をパッティングする方も居ますが、これは肌にとって悪影響となる可能性があります。

ぺちぺちと音がするくらいの強い力のパッティングは、一見すると肌に化粧水の成分が浸透しているように見えますが、実は肌に大きなダメージを与えています。
音がするほど強い力で叩くと、薄い皮膚がほとんどの顔部分の肌にダイレクトなダメージを与えてしまいます。肌の表面だけでなく、内部の組織まで破壊してしまい、様々な肌トラブルを引き起こす原因になりかねません。

化粧水を顔に塗る時は、強い力でパッティングするのではなく、手の平で顔全体を覆います。
優しく包み込むことで、肌を傷付けず、化粧水の有効成分を浸透させることができます。