詰め物が虫歯に繋がる?原因と予防方法

詰め物が虫歯に繋がる?原因と予防方法

虫歯治療の後は歯に詰め物をします。詰め物をすれば虫歯治療は終了と考えている方は多いですが、詰め物が取れたり知らないうちにずれたりすることで、新たに虫歯ができることがあります。
特に、中途半端に外れた詰め物は、気が付かないうちに中で虫歯が進行してしまい、治療前より歯の状態が悪化してしまうというケースも少なくありません。

特に、歯の詰め物を30代前までにしている方は要注意です。
10代や20代のうちは、通常の歯磨きで虫歯予防ができますが、唾液の量が少なくなり歯の中で雑菌が繁殖しやすくなる30代からは、普通の歯磨きでは充分に虫歯予防ができない場合があります。
今まで通りのケアが虫歯を作ってしまう原因になる恐れがあるので、30代に入る前に詰め物をした方は要注意です。

詰め物からの虫歯を予防するには、定期的に歯医者に通い詰め物の状態を確認してもらうことが一番効果的です。
特に、口内環境が変化する30代からは、こまめに歯医者に通い、セルフケアと管理をしっかりと行う必要があります。