市販薬で生理痛対策をする場合の注意点

市販薬で生理痛対策をする場合の注意点

市販薬で販売されている生理痛向けの薬には様々な種類があります。症状の出方や自分の体質に合わせた薬選びが必要です。

市販薬は主に鎮痛作用のある成分が含まれています。薬によって成分は異なりますが、鎮痛薬は飲むタイミングが重要です。
鎮痛薬は効果が出てくるまで時間がかかります。痛みが出てきてから飲むのではなく、痛みが出る前にタイミング良く摂取することが大切です。
鎮痛薬の中には、一度摂取したら時間を置く必要のある薬もあります。使用する前に、薬の説明書きをしっかりと確認しましょう。
また、鎮痛作用のある成分は、眠気を誘う場合があります。人によっては強い眠気を感じる場合があるので、摂取した後の運転は控えるようにしましょう。

痛みが酷く市販薬が効かないという場合の生理痛は、子宮筋腫などの病気により引き起こされている可能性があります。
この場合は、適切な診断と正しい治療が必要となるので、すぐに病院へ行くようにしましょう。