歯ブラシの正しいケア方法

歯ブラシの正しいケア方法

毎日使う歯ブラシには、食べかすや歯垢が残っていることがあります。これを綺麗に洗い流さなければ、細菌が繁殖してしまう恐れがあります。
今回は、歯ブラシの正しいケア方法をご紹介します。

まず、歯磨きをする前と後に、強めの水流で歯ブラシを綺麗に洗い流しましょう。指で擦ると毛先が折れて摩耗が早くなってしまうので、水で綺麗に洗い流すようにします。
水で綺麗に洗い流したら、しっかりと水分を落とし、風通しのいい場所で保管しておきましょう。ヘッドは上に置いておきます。朝や昼の歯磨き後は、日光に当てて自然乾燥させるのも効果的です。

定期的に消毒すると更に清潔に保つことができます。紫外線を使った専用の道具や、殺菌効果のある洗口液など様々な種類のものがあるので、自分の歯ブラシに合ったものを使いましょう。
手軽に使えるものとしては、歯ブラシ用の防菌スプレーがおすすめです。さっとスプレーするだけで、どんな素材にも使える手軽さがあります。