爪のお手入れは爪切りとやすりのどっちがいい?

爪のお手入れは爪切りとやすりのどっちがいい?

爪を整える道具には爪切りと爪やすりの2種類があります。身近で使いやすいのは爪切りの方ですが、爪やすりの方が爪に良い、という意見もあります。
爪を整えるのは、どちらの道具の方がいいのでしょうか。

爪やすりは爪を削って整える道具です。爪切りの「バチン!」といった衝撃がない分、爪に与える負担は少なく済みます。
また、爪やすりは細かい部分まで綺麗に整えることができるので、ネイルサロンでは爪やすりを使うことが多いです。
しかし、正しい使い方をしなければ逆効果となります。また、削って長さを整えるので、爪切りより時間がかかり、普段使いがしにくいという点がデメリットです。

爪切りは、刃で爪を挟んで切っていく道具です。大きな面積を一気に切れるので、爪を切るというだけであれば使いやすく、時間もかかりません。
しかし、その分爪に与える負担は大きく、二枚爪など爪トラブルを引き起こしやすいというデメリットがあります。
爪切りを使う際は、爪の端から少しずつ切っていき、爪になるべく衝撃を与えないようにしましょう。

このように、どちらの道具も一長一短です。自分合った道具を選び、正しい方法で爪を整えましょう。