日焼け止めに配合されている「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」とは

日焼け止めに配合されている「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」とは

紫外線が気になる時期、必須アイテムとして活躍するのが日焼け止めです。
日焼け止めには、紫外線から肌を守るために「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類のうち、どちらかが配合されています。
では、この2つはどのような違いがあるのでしょうか。

紫外線吸収剤は、肌の表面で紫外線を吸収する成分です。吸収された紫外線はエネルギーに変換され、放出されます。
一度吸収して放出可能な形に変換することで、紫外線が肌に当たるのを防ぎます。

紫外線散乱剤は、肌の表面で紫外線を跳ね返す成分です。紫外線吸収剤とは異なり、直接紫外線を跳ね返すことで、肌を守ります。
高い紫外線カット能力があり、様々な種類の紫外線を防ぐ機能があります。