SPAやPAは高ければ高いほどいい?

SPAやPAは高ければ高いほどいい?

日焼け止め効果はパッケージ記載されているSPAやPAといった値で示されます。
この値が高ければ高いほど日焼け止め効果は高くなりますが、高ければ肌にいい、というわけではありません。

SPAやPAが高くなるほど、紫外線をカットする成分量が多くなります。これらの成分の多くは、紫外線をカットする効果がありますが、肌に負担がかかってしまいます。
このため値が高ければ高いほど、肌へかかる負担も大きくなります。
炎天下でのレジャー以外で、SPAやPAが最高値の日焼け止めを使用すると、紫外線はカットできますが余分に肌へ負担がかかります。日常生活において、最高値のSPAとPAは過剰と言えます。
肌への負担を考えながら、それぞれのシーンに合わせた日焼け止めを選び使うようにしましょう。