SPFとPAって?

SPFとPAって?

日焼け止めクリームに記載されている「SPF」と「PA」。数値が高ければ高いほど日焼け止めの効果が高いというイメージがありますが、この2つは具体的にどのような働きをするのでしょうか。

SPFは「サンプロテクションファクター」の略称で、UVBを防ぐ働きをします。
国内で販売されている日焼け止めのSPFは、10から50+までの数値で記載されています。数値が高くなるほど、UVBをカットする効果も大きくなります。

PAは「プロテクショングレードオブユーブイエー」の略称で、名前の通りUVAを防ぐ働きをします。
PAは数値ではなく、+という表示がされます。一番低いもので、+、高いもので++++となります。
こちらもSPFと同じく、高ければ高いほどUVAを防ぐ効果も大きくなります。