紫外線吸収剤のデメリット

紫外線吸収剤のデメリット

紫外線カット能力が高い紫外線吸収剤ですが、一方でデメリットもあります。

紫外線吸収材剤は、肌の表面で紫外線を吸収し、科学的にエネルギーに変換して放出する成分です。
このエネルギー変換には、有機化合物が使われます。有機化合物は肌に大きな負担になる成分で、使い続けると肌にダメージを負う場合があります。また、敏感肌や乾燥肌といった肌が弱い方は、紫外線吸収剤の成分自体が肌への刺激になる可能性があります。
紫外線が厳しい時期は紫外線吸収剤配合の日焼け止めが必須となりますが、その人の肌質や肌の調子によっては刺激となる場合があるので、使用する前には必ずパッチテストなどを行う必要があります。
また、高い紫外線カット能力がありますが、エネルギー変換したときに分子が壊れ、紫外線を防ぐ力が弱くなる場合もあります。