紫外線散乱剤のデメリット

紫外線散乱剤のデメリット

紫外線散乱剤は有機化合物を使用していないので、肌への負担が少なく済みますが、一方でデメリットもあります。

日焼け止めクリームのイメージとして、肌に塗ると白浮きするというものがありますが、これは紫外線散乱剤の特徴の一つです。
白浮きしやすいので肌馴染みが悪く、塗った後にしばらく時間を置かなければなりません。
また、べたつきが多く、使用感が良くありません。
近年は成分の配合などで使用感は改善されている商品も多く出ていますが、新しい研究のため効果や人体への影響などは不明な部分が大きいです。

肌への負担が少ない紫外線散乱剤ですが、人によっては肌に刺激となる場合があります。
使用する前は必ずチェックするようにしましょう。